これまでの歩み

1918年T 7年

姫路市下寺町の武家屋敷に、アリス・ビックスビー宣教師はアメリカ・バプテスト婦人外国伝道協会の援助によって、日ノ本幼稚園を開園設立する。第一回卒園生は大正8年で6名だった。

ビックスビー宣教師が愛した聖句

“ 神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛してくださった。”

1925年S 元年

下寺町より綿町に移転する。

1945年S 20年

第二次世界大戦中大空襲にあい、教会堂、園舎は灰塵に帰し、休園となる。

1947年S 22年

牧師住宅(バラック建て15坪)の6畳と4畳の2部屋を用い、19人の園児で保育を再開する。

1949年S 24年

入園希望者殺到、園児100人となり青空保育を行う。

1950年S 25年

総社本町に移転する。

1970年S 45年

教育環境の良き地を求めて、現在の南新在家に移転する。

1978年S 53年

幼稚園創立60周年記念式典を挙行する。

1984年S 59年

私立学校法に基づく、学校法人 姫路キリスト教学園 日ノ本幼稚園として認可される。

1998年H 10年

幼稚園創立80周年記念式典を挙行する。

2018年H 30年

幼稚園創立100周年記念式典を挙行する。