園の沿革

日ノ本幼稚園のあゆみ

  (もうすぐ100周年を迎えます)
1918年
大正7年
創始者 ミス・アリス・ビックスビー姫路市下寺町の武家屋敷に、アリス・ビックスビー宣教師はアメリカ・バプテスト婦人外国伝道協会の援助によって、日ノ本幼稚園を開園設立する。
第一回卒園生は大正8年で6名だった。
1925年
昭和元年
下寺町より綿町に移転する。
1945年
昭和20年
第二次世界大戦中大空襲にあい、教会堂、園舎は灰塵に帰し、休園となる。
1947年
昭和22年
牧師住宅(バラック建て15坪)の6畳と4畳の2部屋を用い、19人の園児で保育を再開する。
1949年
昭和24年
入園希望者殺到、園児100人となり青空保育を行う。
1950年
昭和25年
総社本町時代の園舎の一角総社本町に移転する。
1970年
昭和45年
教育環境の良き地を求めて、現在の南新在家に移転する。
1984年
昭和59年
私立学校法に基づく、
学校法人 姫路キリスト教学園 日ノ本幼稚園 として認可される。
1998年
平成10年
幼稚園創立80周年記念式典を挙行する。
2001年
平成13年
豊かな保育を目指し、保育室を1部屋増設する。
2004年
平成16年
子育て支援事業の一環として「預かり保育」を始める。
2005年
平成17年
新たな子育て支援事業として、
7時から19時迄の「長時間預かり保育」、未就園児教室「わくわくランド」を始める。
2011年
平成23年
週2日の給食を始める。
園開放を「Being ランド」、未就園児教室(2~5歳児)を「こひつじランド」へと、子育て支援事業の内容を新たにして開始する。
2012年
平成24年
満3歳児クラスを4月開始時1名から開設する。
同時に未就園児教室「2歳児教室」を開始する。
週3回の給食を始める。
2013年
平成25年
完全給食開始(希望により、お弁当持参の混合制)
2017年
平成29年
創立100年を迎える。